羽倉ぎんま

無料即読み「羽倉ぎんま作品」尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳) 1話

尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻 1話 あらすじ
~地味な眼鏡妻の
黒歴史はヤリサーの姫~

遥子(ようこ)の夫は
出張が多く家を留守にする事が多かった。

息子のカケルは柔道教室に
通っているみたいで…

そこのコーチので隣に住んでいる

高木ケンジから柔道を教わっていた。

文系眼鏡ってタイトルにあるように

今は文系、簡単に説明すると

おしとやかって感じのお母さん。

眼鏡をかけている女性って、

何となく文系に見えてしまうw

これは偏見なんでしょうけど。

その文系眼鏡女子が、

なんで尻穴って感じですけど…

続きは本編でお楽しみ下さい。
無料即読みはこちらから↓



尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻 1話 あらすじ感想
文系女子あるあるでいうと、

まず、眼鏡をかけているw

誰でもってわけじゃないですが、

一般的に文系女子は
眼鏡をかけている人が多い気がします。

その文系女子が、なぜに尻穴…

それは、ようこの過去に関係が。

昔ヤンキーだったけど、今は普通のOLとか

昔はイケイケだったけど
今は優しいパパって人って多いと思います。

俗に言う「黒歴史」ってやつですね。

人には知られたくない過去。

それって、誰しも恥ずかしい過去って

あるような気がします。

そのようこの黒歴史が、また凄い!

実は、ヤンキー!

じゃなくて、ヤリマンって話です。

それはあまり公表できませんよね。

しかも複数の人と…

乱交ってやつですけどね。

この続きは本編でお楽しみ下さい。
無料即読みはこちらから↓