チンジャオ娘

女子大生と教授(と僕)のありがちな 1話 無料お試し

僕の大切な恋人

同じ大学に通う沙依

僕にとって大切な時間

それは

彼女と校内のカフェテリアで

過ごす時間が

僕には何ものにも代え難い宝物だった

しかしその裏側で

彼女があんな事になっていたなんて
僕は知るよしもなかった…

続きは本編でお楽しみ下さい。
無料即読みはこちら↓



女子大生と教授(と僕)のありがちな 1話 ネタバレ

僕には恋人がいる

同じ大学に通う沙依だ

沙依は昔からしっかり者で
勉強熱心だった。

おっとりした雰囲気からは
それを思わせない。

そこに僕は魅了された‥

最近少し変化が現れた

沙依の通うゼミのK教授の存在だ

2人の距離が妙に近い感じがしていた

専門的な話題で
教授と楽しそうに話す沙依

僕は嫉妬していた。

この教授が

女性に手が早いという噂を
知っていたからだ。

ある日沙依は教授室で
レポートを作成していた‥

教授も作業をしていたので
ちょうどいい緊張感のまま

作業に没頭していました。

作成資料が欲しくなり
本棚に手をかけると

いつのまにか背後には教授がいて

教授は手を差しのべて
本を取ってくれました。

ありがと・・ござ・・あれ?
お礼を言おうとした瞬間!



教授はキスをしてきて
沙依を胸を鷲づかみにしました。

!? んっ------!!

唇をふさがれ
声も出せない沙依

教授は

沙依を本棚に押し付けると

息を荒くして

沙依の胸を揉んできました!

沙依は必死で抵抗し

やめて下さい!
なにをするんですか!

しかし教授の前では
無駄な抵抗に終わったのです。

教授は沙依の胸を
直接わしづかみにして

ぢゅるぢゅると
ディープキスをしてくる教授

下半身を膝でグリグリしてくる

ぢゅぷぢゅると音をたてて
教授の舌が入ってくる

沙依はなすがまま‥

教授はさらにエスカレートして
もっと気持ち良い事を

教えてあげようか?

すると沙依のマンコを開き

教授は自分のチンポを
沙依の小さなマンコに入れてきました。

沙依は小声で

それだけは 初めてで

処女だと教授に伝えた沙依

しかしそれはかえって逆効果に

ぐっ! みちっ!

マンコにペニスを押し当てて

ずぶっ!!っと

あぁぁあぁぁぁぁぁ!

声にならない沙依

ふあぁぁぁあっ!」・・・

この続きは本編でお楽しみ下さい。
無料即読みはこちら↓



女子大生と教授(と僕)のありがちな 1話 感想

沙依の清純な感じと
教授のギャップ感があって

達磨さん転んだ
チンジャオ娘コラボ作品

1度読んでみる価値はあると思います
無料即読みはこちら↓